ワールドワイドキッズで話せるようになる?3ヶ月経過後のレビュー|子供の発音に大きな変化が!?

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ワールドワイドキッズで話せるようになるのか、購入前のママパパは疑問に思うはずです。

ワールドワイドキッズを使って3ヶ月が経過して筆者が感じている効果について感想をまとめてみました。

スポンサーリンク

ワールドワイドキッズで話せるようになる?子供の発音に変化が

ワールドワイドキッズを使い出して3ヶ月が経過した今、2歳の我が子は完全にワールドワイドキッズに慣れています。

DVDはステージ2の2枚目まで開封しているのですが、パッケージを見ながら中身がどんなものかを言ってくるくらいです。

もともと文字はまだ読めないので映像で覚えているのだと思いますが、その記憶力もすごいと思います。

DVDやエデュトイで遊んでいると、たまに「え?」っと驚かされることがあるのですが、とにかく発音がめちゃくちゃいい時があります。

例えば、「wolf」や「elephant」はネイティブのように美しい発音で声にします。

驚いたのは発音の上手さだけじゃなかった!ワールドワイドキッズはすごいです

他にも3ヶ月目で驚いたことがもう1つあります。

外にお出かけしようと用意していたところ、子供が急に「Hello, hello. How are you? I’m fine, thank you.」と言い出したのです。

言葉が長くて驚きました。

しかも日本語英語ではありません。

これは数日後にワールドワイドキッズのDVDを見ていたら、キャラクターのMimiちゃんの登場する歌でフレーズとして歌われていたので、我が子はそれをそのまま口ずさんでいただけだということが分かりました。

それでも、2才になったばかりでそんなに沢山話せる?と驚きを隠せませんでした。

ワールドワイドキッズのインプット量は十分!赤ちゃんが話せるようになるにはアウトプットの工夫が必要

文字の読めない赤ちゃんや幼児が、正しい英語の音を聴いて、マネする中で発音を覚えていくことができるということは実体験の中で分かりました。

しかし、このままインプットだけでは話そうとする姿勢や気持ちが育ちません。

なので、パパやママが吸収したフレーズの一部分を変えたり、「Do you like…?」「Do you want…?」といった中学英語をベースに会話を作ろうと挑戦してみました。

単語でもいいので子供から何か言葉を引き出せればとアレコレ言葉がけするようになりました。

実はこれがなかなか難しくては、さっとは出てこないことがよくあります。

なので言葉が詰まってしまうことがよくあります。

ワールドワイドキッズは親にできないきれいな発音とフレーズを教えてくれる

そんな時は、DVDやCDで知ったフレーズをなんとか使って英語の文を作ろうとします。

何度も聞いているので、こんな感じかな?と何となくで言っているのですが、ワールドワイドキッズのDVDはまさに親の学び直しにも効果的だと思います。

親は字幕や歌詞が読めるので、ついつい目で読んでいることがよくあるのですが、それじゃ良くないなと思ったので、子供と同じ環境を作ろうと、最近では文字をなるべく見ないように気をつけています。

この「読めない」という環境こそが、英語を聞き取ろうとする力に繋がるんだろうと思いました。

3ヶ月目の感想は読者にとってはあまりパッとしない内容かもしれませんが、筆者の家族にとってはすごく大きな成長を実感できた時期だったと言えます。

最近はどんどん教材をすすめて興味関心を大きくさせてあげたいですね。

親子で英会話学習を頑張っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました