having+been+過去分詞(完了形の動名詞の受動態「~されたこと」)の例や使い方

have+been+過去分詞(現在完了形の受動態「今まで~されている」)と似ているけれどhaveが-ingの形になっている「having+been+過去分詞」という形があります。

これを完了形の動名詞の受動態といい、「~されたこと」という意味で使うことができます。

I’m angry at having been treated like a child.

(私は子どものように扱われたことを怒っている。)

もともとは、「being+過去分詞」で動名詞の受動態の形を取るのですが、この場合は「~されること」という意味で使われます。

I’m angry at being treated like a child.(私は子ども扱いされることに怒っている。)


動名詞の受動態は、基本が「being+過去分詞(~されること)」で、完了形の「having+been+過去分詞(~されたこと)」という使い方もある

注目したい点は、「having+been+過去分詞」のhavingは動名詞なので、文中では動詞の部分ではなく、前置詞の後などに設置されている点です。

ちなみに、have+been+過去分詞(現在完了形の受動態「(今まで)~されている」)であれば

He has been seen as hero by his friends.(彼は友達から英雄とみられている。)

※ちょっと大げさな例文ですが、このように使います。

この例文を見てみるとhave+been+過去分詞は、主語の後ろの動詞の部分で使われていることが分かりますよね。

「そもそも動名詞って何なの?」という人は、こちらもご覧ください。